【2020年最新】クラウドソーシングサービスを比較!在宅ワークにおすすめはどれ?

「クラウドソーシング」とは、企業や個人事業主などがインターネットを通じて不特定多数の人に仕事を依頼し、その結果を集めて新しい商品を作り上げていくためのプロセスのことです。

クラウドソーシングにはクライアントと作業者(ワーカー)を橋渡しする役割として「クラウドワークス」や「ランサーズ」といった仲介業者(クラウドソーシングサービス)が存在します。

仲介業者を通すことで、誰でも簡単に仕事を探すことができますし、契約やお金のやりとりなどの煩雑な作業を任せることができます。

クラウドソーシングサービスを運営している会社はいくつもありますが、そのなかでも利用者からの評判が特に高いものをまとめました。

日本中の主婦が活躍している定番サービスなので、クラウドソーシングに興味がある方はぜひ利用してみてください。

ヒント
かおり
登録はすべて無料です。好条件の仕事を見つけるには、複数のサービスに登録してみるのもオススメです!

※当サイト独自の調査・観点によるものです

※最新の情報を掲載するように日々更新を行っていますが、更新タイミング等により情報に不整合が生じる場合がありますので、正確な情報についてはサービスの利用規約等を直接確認をして頂くようお願いします

定番のクラウドソーシングサービスをチェック!

クラウドワークス

アカウント登録料システム利用料報酬の振り込み
無料5-20%楽天銀行、ゆうちょ、その他各種金融機関
認定制度仕事の形式運営会社
なしタスク
プロジェクト
コンペ
株式会社クラウドワークス

クラウドワークスは、今最も注目されているクラウドソーシングサービスです。創立は2011年と十分な運営実績があり、とても使い勝手が良く、初心者向けから上級者まで利用できます。

誰でも無料で簡単に登録出来ますし、公開されている案件が多いのですが、案件の総数ではランサーズよりも少し劣っています。一方で仕事の職種はランサーズよりも広く、様々な職種の人が利用しています。

また、クラウドワークスは1つの案件に対して複数名採用することができるのも特徴のひとつといえます。

ワーカーが支払うシステム手数料は報酬額に応じて5~20%となっています。

ランサーズ

アカウント登録料システム利用料報酬の振り込み
無料5-20%楽天銀行、ゆうちょ、その他各種金融機関
認定制度仕事の形式運営会社
ありタスク
プロジェクト
コンペ
ランサーズ株式会社

ランサーズは日本でNo.1のクラウドソーシングサービスです。創立は2008年で10年に及ぶ運営実績から非常に高い信頼性を誇っています。

誰でも無料で簡単に登録でき、公開されている案件も非常に多いのが特徴です。また、ランサー(ランサーズでのワーカーの名称)の認定制度があるなどワーカーのサポートも充実しています。

一定の基準をクリアした「認定ランサー」になれば信用が得られるので、より条件の良い仕事を受注することができます。

ランサーが支払うシステム手数料は報酬額に応じて5~20%となっています。

シュフティ

アカウント登録料システム利用料報酬の振り込み
無料5-10%ゆうちょ、その他各種金融機関
認定制度仕事の形式運営会社
ありタスク
プロジェクト
株式会社うるる

「主婦向け在宅ワークはシュフティ」と言われているように、シュフティは主婦をターゲットとしたクラウドソーシングサービスです。そのため、ランサーズやクラウドワークスよりも専門的な仕事が少なく、専門スキルがなくてもできる仕事が多いのが特徴です。

登録は無料で簡単に登録でき、システム手数料は報酬額に寄らず10%になっています。また、シュフティはeラーニング講座やタイピングテスト等のテストを受けることができ、未経験者やスキルに自信がない人へのサポートも充実しているのも特徴のひとつです。

クラウドソーシングサービスについて詳しくはコチラから!

172view
クラウドソーシング
クラウドソーシングの仕組みと仕事の流れ!主婦が活躍できる理由とは?

今主婦の間でクラウドソーシングサービスに登録して仕事をする人が増えています。 あなたは「クラウドソーシング」って知っていますか?この記事ではクラウドソーシングの基本的な仕組みと主な利用者、仕事の形式、 ...

続きを見る

スポンサーリンク

投稿日:2019年5月11日 更新日:

Copyright© 主婦のお仕事ドットコム , 2021 All Rights Reserved.